洋服についた時の対処

Printed matter Factory

インクが洋服についてしまった時の対処

インクを使ったときに洋服についてしまったと言うケースは多くあります。
そんなインクへの対処の方法としては、定着してしまうと落とすのが難しくなるためすぐに処置することが大切です。
ついたばかりの染みはペーパータオルなどで強く押し付けます。
拭く取ったり擦ってしまうと染みが広がってしまうためペーパータオルで吸収させて目立たなくさせることが重要です。
次に綿棒に消毒用アルコールを浸して、染みのできてしまった部分を叩きます。
何度かその工程を繰り返し、薄くなったところで水につけてアルコールを吸収して乾かします。
ガンコな汚れにはこの工程を何度か繰り返した後、通常通りに服を洗濯します。
また、素材によってアルコールは変えていくことがおすすめで、合成素材の使用してない服にはアンモニアとメチルアルコールで浸け置きしてお酢を加えてアンモニアを中和した後洗濯したり、牛乳を使った方法などさまざまなものがあるため自宅にあるもので工夫して染みを落とすことができます。

洋服に付着したインクを落とすには

洋服についてしまったインクを落とす方法はいろいろありますが、一般的にその服やインクの種類によっても方法が異なってきます。
まずよくある油性ボールペンの場合は、消毒用のエタノールが効果的とされています。
その方法としては、汚れた部分にキッチンペーパーやタオルなどを置いてから裏返し、エタノールを含んだティッシュで汚れた部分を軽く叩くようにします。
続いて台所用洗剤などで汚れた部分を軽く洗い、水ですすげば汚れが落ちます。
ただしボールペンでもゲルインクの場合は固形石鹸で洗った方が良いですし、水性の場合はクリーニングに出すのが一番です。
またプリンターインクの場合は、エタノールではなく洗濯洗剤でやはり叩くようにして汚れを落としたら、漂白剤に5分から10分程度つけておくようにしましょう。
また普通の洋服には消毒用アルコールなどを使っても効果が見込めますし、合成素材を使用していない服ならば、アンモニアとメチルアルコールを使用すると良いでしょう。

Valuable information

アレルギー用のドッグフード
http://addiction-japan.com/

2016/12/21 更新

COPYRIGHT(C) Printed matter Factory. ALL RIGHT RESERVED