にじみの原因と予防

Printed matter Factory

インクにじみの原因と解消法

インクがにじんでしまう原因は様々あります。
原因によって、解消方法が違いますので、原因と解消法それぞれを把握する事が大切です。
インクのにじみが発生してしまう最も多い原因は、ヘッド部分に汚れが付着してしまっている事です。
付属のヘッドクリーナーを使用して汚れを取るようにしましょう。
仮に付属品として付いていなければ、家電量販店にて販売していますので購入しましょう。
次いでおおいのは、用市の問題です。
一般的なコピー用紙はトナー専用に作られています。
そのため、インクジェットプリンターで印刷した場合には、滲んでしまう可能性があります。
ヘッド部分を掃除しても、にじみが解消されない場合は、インクジェットプリンター用の用紙を購入し使用してみ間用。
にじみが解消される可能性があります。
また、純正品のカートリッジを使用せずに、互換性のある商品を使用している場合には滲んでしまう可能性があります。
一度、純正品を使用してみましょう。

インクのにじみを防ぐには

インクジェットプリンターで普通紙にプリントすると、にじみが発生しやすいです。
これ専用に表面が加工された「コート紙」や「光沢紙」などを使い、適した設定にすることで、抑えることができます。
気に入った紙だけどもインキののりが悪そうな紙の場合には、市販されている「にじみを防止するスプレー」を施してから印刷する方法があります。
このスプレーは、紙の表面ににじまない下地を作ることが出来るもので、これを施してから印刷すると良い仕上がりが得られます。
和紙に施した場合にも、きれいな印刷結果を得られることがあるようです。
きれいに印字したい場合、設定で使用するインクの量をちょっと少なくすることで、印刷品質が向上する場合もあります。
また、顔料インクを使用するという選択もあります。
これを使うと普通紙にもはっきりとした印刷を行うことができます。
顔料インクは、絵の具を用紙の表面に塗りつける、というように用紙の表面にとどまらせる方法で着色します。
用紙の中で水と混ざりにくいので、水に濡れてもにじみが抑えられるのです。
雨などで若干濡れたとしてもにじむことが無いため、文字をしっかり読み取ることができます。

recommend

池袋の外貨両替はこちら
http://knet-ikebukuro.net/

最終更新日:2016/12/21

COPYRIGHT(C) Printed matter Factory. ALL RIGHT RESERVED