インク補充

Printed matter Factory

インクの補充をしてもらう場合

オフィスなどでプリンタやコピー機などについて、リース契約を結んでいるケースがよくあります。
この場合、すべてがリースつまり借りている状態ですから、インクの補充もリース契約の中に含まれるのが一般的です。
インクはオフィスでも特に印刷をよく行うような役所などでは需要が特に高く、インク代をその都度負担するのは結果的に重い負担をし続けることになるため、リース契約でその契約料の中に含まれているようにするのが一般的です。
無論、余りにも印刷枚数が多い場合には、リース契約料金自体を多額にすることがあり得ますが、双方の契約に基づいての支払ですから、最初に契約を取り交わせば、契約期間が満了となるまでは通常使い続けられますし、リース契約料も得られることになります。
インクの補充は原則として、貸した側つまり印刷機、コピー機などを提供した側が負担するものですから、交換や補充もすべて任せればよく、借りた側は安心して使い続けることが出来るわけです。

ジェットプリンターのインク補充

インクジェットプリンターのインクは誰しもが高いねという評価をしています。
丁度、安全カミソリが改良され、性能が良くなっているのに、そして本体は比較的安いのに、替え刃が相対的に高く、替え刃で設けているというのと似ている印象があります。
そこで、インク補充は純正でなくてもいいから、安い補充液で済まそうとする人がいるわけです。
ここはカミソリと異なり、それを作っている業者がいますので、使わない手はありません。
プリンターメーカーは推奨しませんし、販売店も品質保証期間の内に使うことは薦めません。
プリンター本体に悪い影響を及ぼす恐れもあるからということです。
しかし、現実問題として、安い補充液を使っても、色の鮮明さなどにはほとんど影響はありませんし、使い勝手も大丈夫です。
一つだけ心配は、プリントアウトした写真などの色ですが、長い間放置していると薄くなったり、変色したりすることがあるようです。
予防として、大切な一枚は、専門店でプリントして保管することがよさそうです。

check

沖縄県浦添市のPIZZA
http://r.gnavi.co.jp/6k7tze650000/

2017/4/13 更新

COPYRIGHT(C) Printed matter Factory. ALL RIGHT RESERVED