得するインクの買い方

Printed matter Factory

得するインクの買い方

プリンターは仕事でよく使いますよね。
コピー機だけではなく、パソコンからプリンターに出力するという場合もよくあります。
色によって使う量が多い色と、そうでない色があると思いますが、やはり黒の消費量はおおいです。
インクをそのまま買っていると、コストがかなりかさむことになっているのが気になっている人も多いと思います。
最近はプリンターは、純正ではなく互換性のある激安なものが販売されていることをご存知ですか。
店舗での販売ではなく、インターネットでの販売で、リサイクルインクなどという名前で販売されています。
激安です。
激安ですから、インクが漏れたりかすんだり滲んだり、わりとトラブルになることも多いですが、それを差し引いても、あの安さには勝てません。
もちろん純正品ではないもの使って本体がこわれた場合は補償の対象にもなりませんし、あまお勧めはできませんが、大量に使う業種の場合、致し方ないといえるでしょう。
そのリサイクルの激安インクの中には、残量がわかるICチップがついているものまであります。
そこまでついていれば純正品となんら変わりはありません。
最新の機種だとリサイクルが出ていない場合もあるので、購入の際にチェックが必要です。

インクに関するあれこれ

インクとは、文字を書いたり表面に色付けをするために用いられるものです。
およそ5000年前、石の表面に絵や文字を刻むために黒色のものが中国で開発されました。
また、他の地域の初期文明でも、様々な色のものが作り出されました。
初期のものは鉱物や種子、豆などの殻、イカのような海洋生物から採れる天然染料が主でした。
現在では、水に濡れても滲みにくい、保存性に優れているなど、それぞれ特性を持ったものが作られ、用途に合わせて用いられています。
形態も液体・固体・ジェル状などさまざまです。
顔料(水や油に溶けない粉末)を溶剤に分散させ作られる「顔料インク」は、比較的耐水性に優れていて、屋外用途などで多用されています。
ジェル状のものは摩擦・耐水性が特に優れています。
染料(水や油に溶ける粉末)を溶剤に溶かして作られたものは「染料インク」といいます。
顔料を使ったものに比べ耐水性・耐光性は劣りますが、多くの色を作り出すことができる利点があります。
「印刷インキ」は顔料・媒材・添加剤からなり、高粘度のジェル状のものは大量発行を目的とした商業印刷で多用されています。
PCの普及が進んで、プリンターを用いて家庭で印刷することも一般的になりました。
近年プリンターなどで多用される「水性顔料インク」は、長期の保存に耐え水に濡れても滲みにくい、また手についても水洗いで落とせるなどの特徴を持っています。

Valuable information

最短翌日発送!小ロットにも対応します。

名入れボールペン

孤独死の特殊清掃やゴミ屋敷のお片付けなどでお困りの方も安心料金を無料お見積り!実績豊富な当社へ是非お問い合わせください。

神奈川の遺品整理

四輪レースやイベントへの運営・参加・協賛をしており、レーシングスーツやレーシングシューズなどのレーシング用品を幅広く、豊富な在庫を取り揃えています。

レーシンググローブ

鑑定料・買取手数料なしの七福神にお任せ下さい。

宝石 買取 大宮

筋力UP、筋量UP、瞬発力UPに効果があります。

ホエイプロテイン 激安

カタログギフト・引き出物専門店

カタログギフト

最終更新日:2016/12/5

COPYRIGHT(C) Printed matter Factory. ALL RIGHT RESERVED